FC2ブログ

いつでも どこでも、海外旅行とか行っても漫画・イラストを描いてる変なヒトのブログです。

朝早くアウシュヴィッツへ

ポーランド紀行'16
-その22-




前回からの続きです。


-2016年5月1日-

160630_1.jpg
●起床●


かなり朝早くに、
頑張って起きました。


早すぎて むしろ
深夜の部類に
なっちゃわないかな?と
心配になるくらいです。


ではでは、
早速 出発しましょう。

160630_2.jpg
●早速 駅に向かう●


いつもは もっと
人が多い場所なんですが、
早朝だと さすがに
人が まばらですね。


これから
駅に隣接している
バスターミナルに向かいます。

160630_3.jpg
●バスターミナルの時刻表●


6時30分発の
「オシフィエンチム・ムゼウム」行きの
バスに乗っていきます。


チケットは昨日の時点で
すでに窓口から購入済みです。

160619_3.jpg
●昨日買った今日のバスチケット●


ていうか この早朝だと
窓口やってなかったっぽいので、
買ってなかったら
ちょっと どうしよう?とか
思っちゃいそうだと思いました。

160630_4.jpg
●バスが来た●


運転手さんにチケットを見せて乗車です。


あと、運転手さんから
直接 買っちゃえばいいんですね、
別に窓口が やってなくても…

見た感じ、カード払いにも
対応しているようでした。

160630_5.jpg
●車内●


このバスで これから
「オシフィエンチム」という町に
向かいます。


第二次大戦中、
ポーランドを侵略していた
ナチス・ドイツ軍が、
読みやすいように
ドイツ語的に「アウシュヴィッツ」と
言うように なったそうです。

160630_6.jpg
●オシフィエンチムに向かう車窓●


そう、今日は
このバスの終点である
オシフィエンチム・ムゼウム…

すなわち
アウシュヴィッツ・ミュージアム

いわゆる
アウシュヴィッツ強制収容所
見学しに行きます。


おそらく、ポーランドの中でも
最も知名度が高い所です。


見学するにあたり、
あらかじめガイドツアーに
予約をしてありまして…


それで頑張って、
朝 超早くに起きて
行ってるわけなんですね。

160630_7.jpg
●近くまで来ると道に線路が●


クラクフのバスターミナルから
揺られること
約1時間半くらい、


アウシュヴィッツ博物館に
到着で ございます。

160630_8.jpg
●関連人物についてのプレート●


バス停から博物館に
向かう道に ありました。


「ほら、腕のココに刻印をされて…」
と証言する当時の収容された方とか、
アンネ・フランクのこととかも
書いてある感じですね。

160630_9.jpg
●アウシュヴィッツ博物館 入り口●


朝 早いにも関わらず
結構 人が…

それも やはり、
世界中から見学者が来てますね。


建物の中には
カフェとかトイレとかが
あります。


まだ予約のツアーまでは
時間もあるし、寒いので
中でテキトーに待機です。


ちなみにトイレは有料でした。

160630_10.jpg
●外に所にある売店●


のぞいてみると、
日本語のガイドブックが
売っていたので購入しました。

値段は5ズウオティ。


世界中から来る人達に対応するためか、
それぞれ各国の言語で書かれた
ガイドブックが揃えられていましたね。

160630_11.jpg
●荷物預かり所●


あと、カバンとかの手荷物は
持っては行けないそうなので
ココに預けておきます。

写真の黄色いカードが
引き換え用のタグと なっております。

160630_12.jpg
●そろそろ集合時間●


ツアー参加者は
入り口前に集合と
いうことで…


僕以外の
ツアー参加者と思われる
日本人の人たちも
続々と集まってきました。



-つづく-
スポンサーサイト

漫どころ劇場No.292


No.292「沈黙のひいき」



…そういえば
昔は、

台詞を如何に詰め込んで描くか…

なんてことを考えながら
コマ割をしていたような
気がします。


口数が少ないキャラを
描くなんて発想、
当時の僕では
考えられなかったなぁ…

と、ちょっと思いました。

160627_1.jpg
●口数が少ないという存在●


そのぶん、表情で
「ひいき」とかを
表現する必要がありますが…

160627_2.jpg
●ニタニタ●


最悪 台詞なしでも、

絵だけでも物語が
読み進められる…

そんな漫画の描き方を
志向するには
最適なキャラですね、
この子は。



あと、
どうでも いいことですが…


今回の4ページ目は
メイド・イン・ポーランド
ございます。

160529_2.jpg
●古都・クラクフで執筆●


この他、鉄道内でも
執筆を試みました。

が、
揺れ過ぎて
断念しました。



手の指をペン入れしてて、

「あ、コレ ダメだ」

と思って止めました。


下書きだったら
まだ できたかも
しれないですけどもねぇ…。

←前の← |↑いちばん上へ↑|

copyright(C)Mr.よっしい all rights reserved.

FC2Ad


まとめ

描いてる
ヒト

Mr.よっしい
~Mr.よっしい~

板橋区生まれの埼玉県在住。

その日に何があろうとも、世界のどの国に居ようとも、絵だけは描かずには いられない変態・人見知り・草食系男子です。でもハンバーグが好きです。

描いたモノは主に下記サイトで公開しております。
↓ ↓ ↓
漫どころ劇場

TINAMI
pixiv
ツイッターやってます

やってる
Twitter

絵の
メイキング

海外旅行記
シリーズ

ポルトガル&UAE紀行18
カナダ&キューバ紀行17
ポーランド紀行16
デンマーク紀行15
ベラルーシ紀行14

遊べる
雑貨たち

名前だけで肖像画を描くやつ


私の収支サイクルをアリさんにやらせてみる


ひらがにあん


神様の表情


賞味期限チェッカー(人間用)

ここ最近の
記事(5件)

記事の
カテゴリー

全国の
お天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク集
(個人的な)

本家『漫どころ劇場』との共用兼任リンク集。基本的に相互は受け付けないよーにしてるので、個人的に気に入ったページとか、割と親密にお世話になってるとことかが主です。

記事の
検索

読みたい記事の関連キーワードを入力して下さい。

過去ログ
(月別)

過去ログ
カレンダー

05<|2016/06|>07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSS
フィード

メールはコチラまで

Powered By
Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ