FC2ブログ

いつでも どこでも、海外旅行とか行っても漫画・イラストを描いてる変なヒトのブログです。

’19年賀イラストを描く3

前回
おニューのパソコンに替えて
着色を開始したところ…

まで でしたかね。


今回で完成まで…

持っていけるかな?


残行程を考えると
むしろ持っていきたいんですよね、
中途半端に なってしまうので…

190206_1.jpg
●木目の透過ピクセルをロック●


模様類は、
とりあえずテキトーなグレーで
塗ったっぱなしなので、
ちゃんとした色に
塗り替えていきます。


例えば、
この木目の色を変えたいとき。


あらかじめ木目だけ
独立したレイヤーで
塗ってあるので…


レイヤーに
「透過ピクセルをロック」と
設定してやると、
塗りの足し消しは できなくなり
既存の塗ってある部分だけを
いじれるように なるんですよ。


…んまぁ、
どういう事かと
いうと…

190206_2.jpg
●ローアングルから思いっきりベタ塗●


この設定の状態で
絵全体を茶色で
ベタ塗で塗りたくります。

すると…

190206_3.jpg
●色が変わったのは木目のみ●


ホラ!

ちゃーんと木目のみが
茶色に なってるんですねー。


「透明ピクセルをロック」って
こういう事です。ハイ。

190206_24.jpg
●恵比須様のペット?●


…それにしても、
この鯛?って
何なんでしょうねぇ…

190206_25.jpg
●駅名板の字も着色●


次の駅は
「2020」でございます。

190206_4.jpg
●影の色も同様に いじってみる●


影の色も
テキトーにグレーで
塗っただけなので、
より良さげな色に
変えてみます。


変え方は同じです。
影を塗ったレイヤーの
「透明ピクセルをロック」して…

190206_5.jpg
●影の色を変えてみた●


…こんな感じ
ですかね…

赤茶色が いいかなと
思いました。
なんとなく ですけど…

190206_6.jpg
●窓ガラスを白くテカらせる●


次にハイライト。

光がテカりそうな部分を
白く塗っていきます。

ここは「不透明水彩」というツールで
透かさずに濃く白く…

190206_7.jpg
●鼻のてっぺんとかもテカらせる●


他にも、
突出した部分も
アクセント的に
白くテカらせると
より立体感が
増すと思われます。

190206_26.jpg
●いのし新幹線の顔●


連結部を開けっぱに
しておいたほうが、
よりブタ鼻感が出ると
思いました。

190206_8.jpg
●グラデーション的な遠近感に挑戦●


さらに立体感を出すために、
今回は遠近的な色効果も
やってみようと思います。


まずはホーム地面部分から。

少しグラデーション気味に
明るい水色を塗ってみます。

190206_9.jpg
●地面を水色に塗ってみた●


で、
この水色に塗ったレイヤーの
合成モードを
「スクリーン」に
するてーと…

190206_10.jpg
●水色部分が白っぽくなった●


こんな感じに。

でも、これだと
白過ぎますんでね、

今度は このレイヤー自体を
少し透かしてやって…

190206_11.jpg
●微妙に白っぽく●


こんなくらい
ですかね…


ちょっと変化が
わかりにくいので、
今度は上の木のほうも…

190206_12.jpg
●まず水色に塗って●


これを、

190206_13.jpg
●次に「スクリーン」にして●


こうして、

190206_14.jpg
●白の濃度を調整して●


こうすると、
とにかく遠近の空気感が
出せますよ、と…


どっかで見たことが あるので、
そうやってみました。

受け売りです。
ハイ。

190206_15.jpg
●奥行に遠近空気間が出た●


と、まぁ
こんな感じで…


徐々に奥になるごとに
段階的に薄い空気感に
してみたかったので、
今回はレイヤー分けも細かく
したわけで ございます。

さすがは16ギガの
メモリーパワーですね。

前のパソコンだと
ちょっと このやり方は
つらかったかも しれません。

190206_16.jpg
●車両下の影が微妙●


…ただ、この合成方法だと
車両の足元の線路影が
ちょっと気に食わんなぁー…


なんか浮いちゃってるふうに
見えてしまう…

190206_17.jpg
●これなら多少マシかな?●


合成モードを
色々試して見てみた結果、
「除外」という合成が
一番マシっぽいかなぁー…


ここだけ応急処置で
黒くボカすとかの方法も
考えたんですが
あんまり泥沼にハマるのも
なんなので、
このあたりで手を打ちました。

190206_18.jpg
●ヘッドライト、点灯●


さあ、そろそろ
佳境で ございます。
ヘッドライトを
点灯させましょう。

まず、ライト色を
エアブラシのツールで
ボカして塗って…

190206_19.jpg
●ヘッドライト、全開●


さらに中央部分を
白くボカします。

そうすると、
それっぽく見えるんじゃ
ないかと…


これは受け売りでは なく
自分で考えて
そうしましたよ、
ハイ。

190206_20.jpg
●「あけおめ」を電光掲示する●


次に電光掲示板の
「あけおめ」の1行を…

ここもライティングですが
ヘッドライトとは
光り方が違うので、
塗り方のパターンは
変えてみます。

190206_21.jpg
●出来上がり●



う~ん…


違うなぁ…
イメージと違う…

電光掲示板って、
文字が横に流れるイメージ
なんだけど…

190206_22.jpg
●これだと光りすぎ●


…実は、
結構この部分だけで
試行錯誤を繰り返しました。

夢中になって、
頭より手が先に動いて、
色々 色々 塗り直しを
してみたりして…

190206_23.jpg
●今度こそ出来上がり●


で、
この形に落ち着きました。


横に流したかったのです。

電光掲示板って、
そうじゃないすか?


…さぁ、
こんな感じで
ついに…

190206_27.jpg
●完全完成●


これで、
あとはハガキサイズに
合わせた上で
売らせていただきました。


ふぅ、
そんなわけで…


なんとか今回でメイキング、
完成まで こぎつけました。

て いうか、
完成まで こぎつけたい という
気持ちのほうが優先してしまって
なんか結構長くなっちゃいましたね…

もう1回くらい引っ張っても
よかったかな…


…ちなみに、
現段階で売り上げが
どのくらい とかは
まだ僕にも わかりません。

っつーか
そもそも売れたのかが
わかりません
が…
(なお、
「ウチに自分の年賀状イラストが来ちゃう」
と いう夢は今年も見事に
破れ去っております)

もし、買ってくれた方が
いらっしゃったとしたら、
どうも お買い上げ
まことに ありがとう
ございました。と…

一応、ここに
御礼申し上げます次第で
ございます。



-おわり-
スポンサーサイト

’19年賀イラストを描く2

前回からの続きで
ございます。

190120_1.jpg
●一面 青に●


一旦、「用紙」レイヤー
(最下層の台紙みたいなモノ)を
青色に しておいて…

190120_2.jpg
●各個体を白く塗っておく●


いわゆる「下地」ですね。

各個体ごと、
各レイヤーごとに
それぞれ塗っておきます。


白ベタで塗るので、
見分けが つくように
一面 青くしたわけなんですね。


ひとつ ひとつを
地道に塗っていく、
と いうよりは
むしろ逆に
塗らない範囲を押さえてから
「選択」→「選択範囲の反転」で
白塗り作業を行なっております、
僕の場合。

190120_3.jpg
●下地準備完了●


空は塗らないつもりなので、
青地が見えたままですね。

190120_4.jpg
●影を塗ってく●


次に影を塗ります。

これも後で色は変えられるので、
とりあえずはテキトーなグレーで…


…本当は1色1色、
影色もちゃんと変えて
描くほうが個人的には
満足度が高い感じに
なるんですが…


でも…

めんどう
時間ないしなぁ…

しかたないよなぁ…


うん、
しかたないな…


「これは…
“色の統一感”なんですよ皆さん」

と いう
大義名分のもと、
「乗算」ブレンドを使って
一つの色で対応させましょう。

うん、だって
しかたないもの。


レイヤーのブレンドモードを
「乗算」にすると、
その名の通り、
下の色に上乗せ塗りするみたく
できるので、
影とかの用途に
向いてると思います。

190120_5.jpg
●粒々した所も塗ってく●


こーゆー部分、細かくて
オジサン眠くなって
きちゃうんですが…

実は こういう所のほうが、
引き立て役として
クオリティに重要な役割を
果たしたり するんですよね…

190120_6.jpg
●影塗り完了●


影を付けたら、
結構サマになってきました。


影は「にじみ縁水彩」という筆を
使って塗っています。

て いうか
これから色塗りも
そのまま「にじみ縁水彩」だけで
ほとんど やってっちゃうと
思います。


なんていうか、
僕の作風の志向的には
この筆が一番
何でも やれて
万能と いうか、
しっくり くると
いうか…


めんどいから
筆を変えないで やってみたら
結果それが よかったみたいな…

なんか そんな感じです。

181106_17.jpg
●世代交代の時が やってきた●


そして、ここで
ついにイラスト執筆も
旧パソコンから新パソコンに
バトンタッチで ございます。


変わるのは あくまでも
パソコンのみ、

ソフトや周辺機器は
そのまま流用ですが、
はたして使い心地は…

190120_7.jpg
●とりあえず色塗りから●


液晶性能は
新パソコンのほうが
良さげなので、
色塗りでは完全に有利です。

比較的しっくりくる色が
出せるようになったと
感じました。


画面解像度も上がったので、
スペースも若干広く
なりましたし…

181106_11.jpg
●性能も かなり上がったが…●


Ryzen3という
4コア4スレッドのCPU
(APUと呼んでほしいらしいが)に
16ギガのメモリと いうことで、
CLIP STUDIO PAINT PROも
特にストレスなく
快適に動かせております。


と、いうか
そもそも以前の
2コア4スレッドのCore i5と
メモリ4ギガのパソコンでも
実は 特に
そこまでストレスなく
動かせていたので、
そっちの ほうが
むしろ評価され得る事だと
思いました。


…考えてみれば、
新パソコンは64ビットOSですが
旧パソコンは32ビットOSなので、
ソフトのほうが
それぞれのビットに
最適化されるように
設計されてるのかも
しれないですね…

このソフト自体、
旧パソコンと ほぼ似た時期に
発売されたソフトですし…。


なので、
ソフトの使い心地は
変わらず快適、

むしろ古いパソコンでも
そこそこで あれば
問題なし と
いうこと ですかね。

190120_8.jpg
●気が付けばレイヤー数は50枚くらいに●


一方で、
メモリが16ギガも あれば
レイヤーを重ねまくる点では
めちゃくちゃ有利ですね。

以前は気を遣って
区切りの いい所で
レイヤーを統廃合して削りながら
作業してましたし…


…っつーことで、
買ったばかりの新パソコンを
ウハウハ使いながら
塗り進めていきます。



-つづく-

←前の← |↑いちばん上へ↑|

copyright(C)Mr.よっしい all rights reserved.

描いてる
ヒト

Mr.よっしい
~Mr.よっしい~

板橋区生まれの埼玉県在住。

その日に何があろうとも、世界のどの国に居ようとも、絵だけは描かずには いられない変態・人見知り・草食系男子です。でもハンバーグが好きです。

描いたモノは主に下記サイトで公開しております。
↓ ↓ ↓
漫どころ劇場

TINAMI
pixiv
ツイッターやってます

やってる
Twitter

絵の
メイキング

海外旅行記
シリーズ

ロシア経由ジョージア&アルメニア紀行19
ポルトガル&UAE紀行18
カナダ&キューバ紀行17
ポーランド紀行16
デンマーク紀行15
ベラルーシ紀行14

遊べる
雑貨たち

名前だけで肖像画を描くやつ


私の収支サイクルをアリさんにやらせてみる


ひらがにあん


神様の表情


賞味期限チェッカー(人間用)

ここ最近の
記事(5件)

記事の
カテゴリー

全国の
お天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク集
(個人的な)

本家『漫どころ劇場』との共用兼任リンク集。基本的に相互は受け付けないよーにしてるので、個人的に気に入ったページとか、割と親密にお世話になってるとことかが主です。

記事の
検索

読みたい記事の関連キーワードを入力して下さい。

過去ログ
(月別)

過去ログ
カレンダー

07<|2019/08|>09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSS
フィード

メールはコチラまで

Powered By
Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ