いつでも どこでも、海外旅行とか行っても漫画・イラストを描いてる変なヒトのブログです。

エヴォラをバスで発つ

ポルトガル紀行'18+ちょっとだけUAE
-その14-




前回からの続きです。



180625_1.jpg
●昼のディアナ神殿●


エヴォラを発つべき時間まで
まだ もう少し あるので、
テキトーにブラつきます。

180625_2.jpg
●ジラルド広場●


多くの観光客で
にぎわってますね。


…っていうか、
昨日は みんな
一体どこに ひそんでたんだ?


たしかに時間は
遅かったとは いえ、
極端すぎや しませんかい?

180625_3.jpg
●スーパーみたいな店を探す●


出発前に
水を蓄えたいんですが、
そういえばスーパー的な店は
見かけませんね…


宝石店は あるのに…


何でだ?
観光地は宝石の需要が
あるんですか?

180625_4.jpg
●みやげ物屋さんは沢山ある●


よく見たら、
みやげ物屋さんが
ミニスーパー的な需要も
兼ねているみたい なので…

買い物がてら、
また ちょっと寄ってみました。

180625_5.jpg
●コルク製帽子が沢山●


…こうして見ると
色々な柄が あったんですね…


昨日、衝動買いせずに
もうちょっと吟味すれば
よかったかな…


でも、昨日のポルトで買ったのは
かなり お買い得だったので
それは それで
よかったんですけども…


ただ、
どちらかと いうと
このエヴォラの地方のほうが
コルクの産地だからなのか、
コルク製品のバリエーションは
エヴォラの みやげ物屋さんが
一番 豊富だった気がしますね。

180625_6.jpg
●これらを お買い上げ●


水2本。

それと鶏のキーホルダーを2個。

友人へのお土産です。
(もちろんキーホルダーが)

あとで、この土産を
郵送チャレンジしてみようと
思います。


…さて、
そろそろエヴォラを発つべく
チェックアウトしに
戻りますかね…

180625_7.jpg
●ある種 思い出深い部屋●


宿泊代は1泊40ユーロ。

「ドアの件、
本当に申し訳ない…!」


と、丁重に謝ってくれました。


スタッフさんは
とても気遣いの いい方だったので、
それが なにより救いでしたね…

おかげで気持ち的には
不快には なりませんでした。


他には
特に落ち度は ないと思うので、
ドアだけは是非とも
直してもらえればと思います。

180625_8.jpg
●いざエヴォラを出発●


次は
さらに田舎、
さらに山のほうの町…

いや、むしろ村かな…

マルヴァオンという、
山の頂にある小さな村に
向かいます。


このエヴォラからは、
バスでアクセスが
できるみたいです。


しかし、田舎すぎて
日にちに よっては
バスが無ぇとか
フツーに あったりするみたい
なんですが…

はたして…

180625_9.jpg
●バスターミナルへ向かう●


なには ともあれ、
まずは長距離バスに
乗りに行きましょう。


エヴォラの旧市街地から
十数分 歩いたところに
バスターミナルが
あるみたいです。

180625_10.jpg
●エヴォラのバスターミナル●


まだバスに乗るまで
時間が ありますので…


併設のカフェで、
ちょっと
ポルトガル・スイーツでも
味わってみようと
思います。

180625_11.jpg
●カフェでスイーツ●


見た目からして
パリパリしてそうなパンと、
コーヒーを注文しました。

やはり、
コーヒーは
小っちゃなカップで
来ますね…

180625_12.jpg
●小っちゃいけど、味は濃い●


小さいカップで、
デミタスの濃いコーヒーを
キュッと飲む…

おそらく、これが
ポルトガルのスタイルなんだと
思います。

そう確信しました。

180625_13.jpg
●パン、と いうかパイ?●


黄色い卵黄あんが
入ってます。

これぞ、
ポルトガル・スイーツですね。


そして、コレ
想像以上に甘い。

ひたすらな甘さです。
でも、美味いです。


期待通りで、なかなか
おいしゅうございました。

180625_14.jpg
●売店●


そういえば、
「タバコ」って
ポルトガル語
でしたっけ?

「タバカリア」っつうんですね、
タバコ売ってる所を…

180625_15.jpg
●バスの案内板●


僕は13時30分のバスに乗って、
まずは
ポルタレグレという所に
向かう予定です。

バスはネットで
事前に予約をしてあります。


予約で手に入れたEチケットには
乗る時間と目的地しか
書いてないんですが、
多分、「BRAGA」行きのバスで
いいんだと思います。

13時30分発っつったら
これしか ないですし…

180625_16.jpg
●バスが来た●


乗務員さんに
プリントアウトしたチケットを
見せて乗ります。


多分、PDFファイルを
スマホで見せるとかでも
いいんだとは思います。
僕はスマホ無い人だから
プリントアウトしてますけども。

180625_17.jpg
●検札完了●


この「BRAGA」行きのバスで
合ってるみたいですね。

料金は12.20ユーロ。
多分、ネット事前予約だと
幾分か安くなってると思います。

180625_18.jpg
●エヴォラを出発●


窓に見えてるのは、
水道橋ですかね。


これから とりあえず向かう
ポルタレグレという所まで、
1時間30分くらいの
乗車に なります。

180625_19.jpg
●途中の別のバスターミナル●


「エストレモス」という町の
バスターミナルみたいです。


多分 明日、
ここにも寄る事に なると
思います。

180625_20.jpg
●車窓の風景●


ひたすら のどか
ですねぇ…


羊さんとか牛さんとかは
草ばっか食ってばっかだし…

180625_21.jpg
●ポルタレグレのバスターミナル●


エヴォラを発つこと
1時間30分ほど、

ほぼ定刻通りに、
ポルタレグレに到着しました。



-つづく-
スポンサーサイト

エヴォラの骨と景色と

ポルトガル紀行'18+ちょっとだけUAE
-その13-




前回からの続きです。



-2018年4月30日-

180623_1.jpg
●朝9時頃 起床●


う~ん…
よく寝た…


…かな?

深夜4時半に
一度 起きてから、
また寝ましたけども…

180623_2.jpg
●早速 観光開始●


お昼にはエヴォラを発って
次の町に向かう予定なので、
午前中の今のうちに
サクッと観光していきます。

昨日は到着が夕過ぎだったから
観光名所は もう閉まってましたし…


今回の旅行は、

夜前に着いて



朝に観光してから



昼移動、

みたいなペースで
推移していますね、大体。

180623_3.jpg
●サン・フランシスコ教会●


まずは
ここを見学しましょうかね。

入場料は、
とりあえず無料のようです。

180623_4.jpg
●教会内●


相変わらず
ヨーロッパの教会は
見応えが あります。

大体 決まって天井が高くて、
装飾が凝ってるんですよね。
作るの、大変だろうに…

180623_5.jpg
●十字架●


真ん中の、
明らかにハリボテ
ですよね…

本物は別に
保管してあるって
やつですかね?
貴重だから…

180623_6.jpg
●教会の横の入り口●


…実は この教会、
聖堂の他に
隣に人骨堂というモノが
あるらしくて…


むしろ見所としては
そちらがメイン、
ですかね。

そちらは きっちり
入場料も取られますし…

180623_7.jpg
●入場料は4ユーロ●


で、
そこは一体
どんなところかと
言いますと…


まぁ、
言って そのままです。

人骨びっしりの お堂

の ようです。


この後しばらく
骨だらけの写真が
続きますので…


一応、
苦手な方は
ご了承ください。

180623_8.jpg
●人骨堂に入場●


柱とか、壁とかを
見てみると…

180623_9.jpg
●骨●


いやぁー…


骨です。

180623_10.jpg
●骨●


骨以上でも なければ、
骨以下でも なく…

180623_11.jpg
●骨●


もう、骨以外の
何者でも ありません。

180623_12.jpg
●天井にも さりげなく骨●


空間自体は
そんなに広くは ないんですけど、
やっぱりインパクトが強烈すぎて
結構 圧巻ですね。

180623_13.jpg
●親子と思われるミイラ●


この2体、
吊るされて展示されていると
聞いてたんですけど…


安全性を考慮してなのか、
下ろしてやったんですかね。

180623_14.jpg
●見れば見るほど骨●


…さて、
そろそろ行きますかね…


他にも行きたい所が
ありますし…

180623_15.jpg
●出口の骨●


いや~…

なかなか骨のある
場所でした。

180623_16.jpg
●カテドラル●


次は
ここに行きましょう。


ここは毎度おなじみ、
高い所から
街を眺められるスポットで
ございますね。

180623_17.jpg
●頑張って昇って行く●


料金は
見学する場所によって
金額が分かれてるみたいですが、
とりあえず塔と回廊で
3.50ユーロみたいです。

180623_18.jpg
●てっぺんらへん●


展望台というよりは
屋根上って感じですね。

あの三角のやつが
目を引きます。

180623_19.jpg
●エヴォラの景色●


天気が いいこともあり、
なかなか圧巻の景色です。


…家々の感じ、
広がる緑、
青々とした空が…

なんか すごい
よくないすか?

今こうして写真を
吟味している間も、
思わず見とれてしまいました。

180623_20.jpg
●下の回廊から●


壁の装飾とかが
どこを撮っても
いちいち絵に なりますね。

180623_21.jpg
●トイレ●


トイレまで大理石風で
いちいち凝ってそうです。

180623_22.jpg
●やはり豪華な聖堂●


ひと通り見たので…

そろそろ行きますかね。

180623_23.jpg
●カテドラルを後に●


うーん…

見応えありましたねー、
色々。


時間が限られてるので
若干 駆け足でしたが、
それでも結構
堪能できた気がします。


エヴォラ、
なかなかの観光力です。



-つづく-

←前の← |↑いちばん上へ↑|

copyright(C)Mr.よっしい all rights reserved.

FC2Ad


まとめ

描いてる
ヒト

Mr.よっしい
~Mr.よっしい~

板橋区生まれの埼玉県在住。

その日に何があろうとも、世界のどの国に居ようとも、絵だけは描かずには いられない変態・人見知り・草食系男子です。でもハンバーグが好きです。

描いたモノは主に下記サイトで公開しております。
↓ ↓ ↓
漫どころ劇場

TINAMI
pixiv
ツイッターやってます

やってる
Twitter

絵の
メイキング

海外旅行記
シリーズ

ポルトガル&UAE紀行18
カナダ&キューバ紀行17
ポーランド紀行16
デンマーク紀行15
ベラルーシ紀行14

遊べる
雑貨たち

名前だけで肖像画を描くやつ


私の収支サイクルをアリさんにやらせてみる


ひらがにあん


神様の表情


賞味期限チェッカー(人間用)

ここ最近の
記事(5件)

記事の
カテゴリー

全国の
お天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク集
(個人的な)

本家『漫どころ劇場』との共用兼任リンク集。基本的に相互は受け付けないよーにしてるので、個人的に気に入ったページとか、割と親密にお世話になってるとことかが主です。

記事の
検索

読みたい記事の関連キーワードを入力して下さい。

過去ログ
(月別)

過去ログ
カレンダー

05<|2018/06|>07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSS
フィード

メールはコチラまで

Powered By
Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ